栄養科

当院では、地域に根ざした専門病院として一人ひとりに満足していただける
医療を提供するという理念に基づき治療・看護をさせていただきます。
検査・治療・費用等についてご不明な点がありましたら、病院職員にご遠慮なくご相談ください。
入院される方には、事前に「入院のご案内」をお渡ししております。そちらも合わせてご覧ください。
患者さまの症状などにより、異なる場合もございますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

当院では、地域に根ざした専門病院として一人ひとりに満足していただける 医療を提供するという理念に基づき治療・看護をさせていただきます。

検査・治療・費用等についてご不明な点がありましたら、病院職員にご遠慮なくご相談ください。

入院される方には、事前に「入院のご案内」をお渡ししております。そちらも合わせてご覧ください。

患者さまの症状などにより、異なる場合もございますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

入院される方へ

入院される方の手続き

下記のものをお持ちになり1階受付窓口へお越し下さい。
入院当日は午前10時頃までに、1階受付窓口にお越しください。

受付け時にお持ちいただくもの

健康保険証「限度額適用認定証」
「限度額適用・標準負担額限度額認定証」をお持ちの方は入院日もしくは入院中に必ずご提示下さい。
入院申込書・誓約書ご印鑑(認印)

入院生活で必要となるもの

洗面用具ひげそり湯のみ茶碗お箸スプーンシャンプー石けんバスタオルスリッパガウン下着イヤホン(1m 以上の長さがあると便利です。)
など

ご注意いただく点

  • 現金の持ち込みはトラブル防止のため、必要最小限にしてください。
  • 病衣(寝間着)は保健衛生管理のため、当院提供の病衣をご利用いただいております。

    ご不明な点は、ナースステーションにお尋ねください。

お部屋について

当院では通常の6床室の他に、『特別室』(個室)での対応が可能となっております。下記の『特別室』(個室)を用意しており、通常の入院料の他に別途料金がかかりますが、ご希望の方は入院予約時、又は入院時に申し出てください。(ただし、ご希望の特別室がすべて満室となる場合もございますので、あらかじめご了承ください。)

特別室

税別 8,000円(1日当り)

<室内設備>
テレビ、エアコン、トイレ、バス、冷蔵庫 等

駐車場について(入院される患者さまについて)

当院の駐車場は、主に外来患者さま及び来院専用となっておりますので、入院患者さまの長期駐車はできませんのでご了承下さい。

アクセス

入院中の過ごし方

売店

当院には売店はございません。
(必要な日用品類は、あらかじめご用意くださいますようお願いいたします。)

消灯

消灯時間は21:00です。消灯後は、お静かにお過ごしください。
テレビは22:00まで視聴可能です。

食事について

  • 朝食
    8 : 00 ~
  • 昼食
    12 : 00 ~
  • 夕食
    18 : 00 ~
  • 食堂・デイルーム開放時間
    6 : 00 ~ 0 : 00

1食あたり360円

食事は2階食堂・デイルームでの病院食となっております。
病院食以外の食事は原則として、ご遠慮いただいております。
病院食以外のものを召し上がるときは、
事前に医師・看護師・栄養士にご相談下さい。

入院中の食事に付いて

食事について

入浴

入浴は必ず医師・看護師の指示により、定められた時間内にお願い致します。

  • 利用可能時間
    13 : 00 ~ 17 : 30
  • シャワールーム……フリー
  • 浴室……予約制
  • ※シャンプー、石けん等はございません。
入浴

外出・外泊

やむを得ず外出・外泊の必要が生じた時は
医師の許可が必要となりますので、事前にご相談ください。

入浴

テレビ・冷蔵庫について

  • テレビ・冷蔵庫は、各ベット備え付きのカード式をご利用下さい。
    カード自動販売機は2階にございます。
  • 1枚1,000円(税込)で購入していただき、残度数は精算機により
    返金可能となっています。
  • テレビのご利用に際しては必ずイヤホーンを使用し、
    22:00以降のご利用はご遠慮ください。
  • イヤホーンはご自身でご用意いただく必要があります。
    380円(税別)で購入も可能です。
入浴

パソコンの利用について

当院では、パソコン、スマートフォンなどに対応した、WiFiスポットを無料でご利用いただけます。
利用方法は、施設内の「インターネット環境のご利用について」の掲示物をご確認ください。

電話について

1階と2階に公衆電話がございますのでご利用ください。
病院内での携帯電話はマナーモードとし、通話は1階玄関先及び2階食堂・デイルームでお願いいたします。
病室での通話はご遠慮ください。メールは病室でも可能です。
他の方のご迷惑にならないようご理解とご協力をお願いいたします。

郵便・宅配について

郵便物・宅配は1階受付窓口で受付しております。
また、到着郵便物はその都度お届けします。

電気器具の使用について

原則として、電気器具の持込はご遠慮ください。携帯ラジオやデジタルオーディオプレイヤー等はイヤホーンを利用し、
他の方の迷惑にならないようお願いいたします。

リストバンドについて

当院では、入院される患者さまが、安全・安心に入院生活を送っていただくため『リストバンド』の着用をお願いしております。
このリストバンドの使用により、個々の医療従事者の単純な誤りなどによる事故を未然に防ぎ、
医療の安全を確保することに役立てております。

その他

  • 当院は全面禁煙となっております。
  • 病院内での飲酒、かけごとは固く禁じています。
  • みだりに他の病室、ナースステーションその他院内施設に出入りしないようにしてください。
  • 病院職員へのお心遣いはお断りしています。
  • 当院スタッフの指示に従わないとき、又は院内での規制を乱す時は強制退院となることがあります。

入院中の費用

当院では健康保険法に定められた医療費を請求しております。
健康保険証等を提示されない場合は自費扱いとなります。

入院中のお支払

  • 退院時
    入院費の請求書は、退院日10時から10時半ごろにお部屋にお持ちいたします。
    お部屋にてお待ち下さい。
  • 入院中
    月をまたいでご入院される場合、月末までの分をとりまとめ、
    翌月10日頃に請求書をお持ちいたします。お支払は退院日までにお願い致します。

※お支払にはクレジットカードもご利用いただけます。
(JCB・DC・VIZA・AMERICANEXPRESS・UFJcard・NICOS・MasterCard・DinersClub・Discover)
分割支払・ボーナス一括払いはお取り扱いいただけません。

入院費概算のお知らせ

退院日が決まりましたら、前日16時ごろまでに概算をお伝えします。
なお、退院日の決定が前日の午前中までの方に限らせていただきますので、前日の午後に退院が決まった方で概算を希望される場合は、お手数ですが病棟看護師までお申し出下さい。概算を計算後お伝えいたします。

DPC/PDPS について

当院では地域の急性期病院として、医療費の標準化に向けた国・厚生労働省の医療制度改革に準拠し、平成21年7月1日より、入院
診療費が1日当たり定額の医療費とした計算方法(包括支払制度:DPC/PDPS)を導入いたしました。

DPC/PDPSとは?

この新たな算定方式は病名や手術、処置等の内容に応じて分類された「診断群分類」に基づき、それぞれの病名ごとに決められた1日当たりの定額医療費を基本として計算する方式です。
従来の出来高払い方式とは異なり、入院患者さまの病名とその症状・手術(処置)施行の有無・合併症の有無等を基に厚生労働省が定めた1日当たりの定額からなる包括部分(投薬・注射・処置・入院料等)と出来高部分(手術・麻酔・リハビリ・指導料等)を組み合わせて計算します。
DPC/PDPSは支払方式の変更だけでなく、入院患者さまに対して良質・効率的な医療・また医療の透明化等を図るために実施されています。

入浴

DPC/PDPSの「 Q&A 」

  • 出来高払い方式と比べて、
    DPC/PDPSでは支払は
    高くなりますか?

    DPC/PDPSでは病名と診療内容によって1日当たりの入院費が決まるため出来高方式と比べて高くなる場合も安くなる場合もあります。

  • 出長期入院しても1日当たりの
    入院点数は同じですか?

    1日当たりの入院点数は入院中の病名によって3段階に区分されており、入院が長くなるほど1日当たりの入院点数は安くなります。また、入院が長期にわたり病名ごとに定められた入院日数を超えてしまうと出来高払い方式での計算になります。

  • 早く退院させられることは
    ありませんか?

    入院・退院の判断は医師が医学上の判断に基づいて行いますので、入院治療の必要があるのにも関わらず早く退院をお願いすることはありません。

  • DPC/PDPSでは病名によって
    入院費が決まるということですが、
    入院中に新たに別の
    病気が見つかって
    治療をした場合はどうなるのですか?

    入院・退院の判断は医師が医学上の判断に基づいて行いますので、入院治療の必要があるのにも関わらず早く退院をお願いすることはありません。

  • DPC/PDPSでは途中で病名や
    医療費が変わることがあるのですか?

    検査の結果や治療の経過によっては、入院当初と病名等が変更される場合があります。
    この場合は、入院初日に遡って病名を確定し医療費の計算をやり直しますので、月をまたがって入院している場合は、退院時に入院初日からの請求額を再計算して、過不足分を調整させていただく場合があります。

  • 入院中にかかりつけの病院に
    受診することはできますか?

    入院中は他院での受診が認められておりません。
    そのため、服用中のお薬が残り少ない場合は、ご面倒でも事前に受診していただき、入院日にご持参くださいますようお願いいたします。なお、専門的な診療を必要と判断した場合には他院へ受診していただく場合がございますので、医師・看護師までご相談下さい。

高額医療費制度について

  • 70歳未満の患者さまでも事前の申請により発行される『限度額適応認定証』のご提示により、
    医療機関ごと(入院・来院ごと)に支払う一定の自己負担額限度までになり、それを超える額については支払う必要がなくなります。
  • 70歳以上の患者さまは「健康保険高齢受給者証」「後期高齢者保険証」のご提示により、自己負担限度額が定められております。
    また住民税非課税世帯の方は市町村へ申請すると、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が交付され、自己負担額や、
    食事負担額が減額されます

高額医療費制度について